私のパート体験談

私が初めてパートをしたのは、大学1年生の18歳の頃でした。
高校時代は部活動のために働くことが出来ず、お小遣いでのやりくりは大変なものでした。

 

大学生になり、講義を自由に選べるようになったことで、パートの時間を作ることが出来ました。家から自転車で10分位の距離にある小さいスーパーで、土日だけの週末のパートでした。

 

野菜の品出しを行ったり、陳列をしたり、パック詰めを行ったりと覚えなければいけないことが多く、先輩や店長、社長には大変お世話になりました。
特に苦労をしたのはレジ打ちです。野菜にはバーコードが付いていないものも多く、見てその場で判断し、パネルを押す必要がありました。

 

野菜の名前は特に苦手ではありませんでしたが、りんごの種類が4つ同時に発売されていると見分けられず、苦労しました。声もそれほど大きくないので、挨拶やお礼などの練習も繰り返し行い、身につけました。

 

結局、そのスーパーは大学3年生の時に倒産してしまったので、パソコンを教えるパートに変わりました。人に教えることの大変さと楽しみを身につけ、今の仕事にも活かすことが出来ています。